新年会
茶道部OBの江口です。
1月2日に大長寺で行われた新年会での写真をアップします。

e0160847_1142166.jpg

[PR]
# by omotesenkesado | 2010-01-09 11:04 | 写真
遅れましたが…

あけましておめでとうございます。
修士2年の今出です。

今日(1/2)の新年会では、たくさんのOBの方とお話でき、大変楽しい時間を過ごさせていただきました。ありがとうございました。
ブログのお話が出たので…江口さんに今日の新年会の写真をアップしていただく前に、大変遅くなって申し訳ありませんが、学祭のお茶会(2009/11/22、芸術工学部3号館にて)の写真を少しだけ載せておきます。


e0160847_1332287.jpg
お茶会の様子。
部長の江副さんのお手前。今年は3号館の机といすを使用しました。


e0160847_134585.jpg
お茶会の後は…なんと正子さんにお茶をたてていただきました。


e0160847_1343259.jpg
集合写真① 



e0160847_1345413.jpg
集合写真②
みんないい顔☆

今年はひじょうに寒い雨の中のお茶会で、部員数も去年の半分と少し不安でしたが、正子さんはじめ大長寺の皆さま、お手伝いの東浦さん、盛さん、そして当日お茶会に足を運んでいただいた皆さまのおかげで、無事にお茶会を終えることができました。本当にありがとうございました。

私自身2回目のお茶会でしたが、去年よりも少し気持ちに余裕ができたせいか、準備やお茶会当日、とても楽しかったです。本当に皆さまに感謝です。
あ、次の日もとても楽しかったです…ということで、おまけにどすこい載せておきます(笑)
長くなってしまいましたが、この辺で失礼します。どうぞ、今年もよろしくお願いたします。


ズーム機能のないカメラでこんなに大きく…すごい席でした(>_<)
e0160847_2413879.jpg

[PR]
# by omotesenkesado | 2010-01-03 02:51 | 写真
学祭ポスター


一時間で作りました。


正門入ったとこに貼る用のポスターです。
全く知らない人が気付いてくれることを願って。

研究室の先輩にも手伝っていただきましたが、
短時間の割には、それっぽくなった気がします。
一応載せておきます。


e0160847_13174686.jpg































あ、何かおかしいなと思ったら…
「表千家茶道部」の文字ありません。すいません。

字きたないなー。今出でした。
[PR]
# by omotesenkesado | 2009-11-17 13:25 | その他
もうすぐ学祭お茶会


11月22日(日)まであと6日です。


遅れましたが、今出です。(笑)


14日に大長寺でのお稽古を終えて、本番前のお稽古は前日21日を残すのみとなりました。
大丈夫かな…と、お点前や半東さん、まだまだ不安なところがあるので、一週間しっかり予習して、当日は余裕を持って楽めればいいなと思います。


先週のお稽古で、お茶会についていくつかお話があったので、書いておきます。


■道具について
まだ決定していないそうです。
とりあえず去年のものを覚えておいてくださいとのことでした。
以下、去年のものを引用しています。

・水差し:釣瓶(つるべ)、石雲(せきうん)作
・建水 :エフゴ、淨益作
・蓋置き:真葛焼(まくずやき)、香斎(こうさい)作
・釜  :茶臼釜(ちゃうすがま)
・なつめ:吹寄籠(ふきよせかご)、岡本陽斉(おかもとようさい)作
・煙草盆:春慶塗(しゅんけいぬり)
・火入 :織部(おりべ)
・煙管 :ようけん好(ようけんごのみ)
・軸、茶杓、茶碗は当日まで不明です


■お客さん&部員勧誘作戦について
今年は去年の半分の部員数ですが、たくさんのお客さんに来てもらえるよう、頑張って宣伝しましょう。今、月ちゃんが正門入ったとこのボードに貼るポスターを作ってくれています。
お客さんももちろんですが、部員を増やすため、特に若者を連れてきてくださいとのことです。学祭で実際にお茶を飲んでもらい、見学に連れてきてもらえれば、あとは正子先生がどうにかしてくれるそうです(笑)


■当日飾るお花について
去年は白い椿を飾りましたが、今年はまだお花を決めてないそうです。
もし、最寄りで(学校とか?)できれいなお花や紅葉した木々などきれいなものがあれば、それを飾ってにしましょう。素敵なおもてなしができるといいですね。


■2009お茶会のテーマについて
正子先生が「テーマでも決めたら?」とおっしゃっていました。
テーマ??と、思いましたが、「部員○人獲得」という具体的な目標や「おもてなしの心」(宮崎さん案)などの心意気、何か考えてみるのも面白そうですね。
各自考えて、前日にでも皆で話してみましょう。


準備、当日、片付け等の段取りや時間は明日決めることになっているので、また連絡がいくかと思います。



最後に…
学祭前、部員少ないけどお稽古がんばってるよ写真を載せておきます(笑)
OBの皆さん、人数少ないですが正子先生の優しいご指導の下、がんばっています!
正子先生、ピシピシと指導してる感じで写ってくれました。
もっと人がいるお稽古の時に撮れば良かったですが…宮崎さんの向こうにきっと5人くらい隠れています。

e0160847_22194897.jpg

先生曰く着物が意外と似合うなかしーのお点前。
あとはかっこにお点前がついてきてくれれば…というのはたぶんウソです。すいません。



とにもかくにも、あと一週間、風邪引かないように気をつけましょう!
では、大変長くなりましたが…今出でした。
[PR]
# by omotesenkesado | 2009-11-16 22:36 | 連絡
ワンポイント・アドバイス その2
表千家三つの心得 「自然であること」

表千家のお手前は、始めから終りまでが自然に流れるように組んであります。
逆に言うと、不自然な動きになるということは、お手前を間違えているということになります。

おそらく、炉のときの茶碗の扱いにはみなさん結構苦労されているんじゃないかと思います。「あれ?右手で置くんだっけ?右横を持つんだっけ?いや、手前だったような…」みたいなことはよくあります。私もいまだに。

お手前を機械的に覚えるのもよいですが、どうすれば自然なお手前になるかを考えながらやると、案外覚えやすいかもしれません。(みなさん頭いいでしょうから。)
SBの某お父さん風に言えば、「全てのものに理由はある!」といったところです。


余談ですが、これと反対なのが裏千家です。
見たことある人はわかると思いますが、裏千家のお手前ってテクニカルというか、立ち振る舞いがいちいちかっこいいですよね。特に、袱紗捌きとか。
現代のバンドもそうですが、方向性の違いからグループは解散するものです。(ホントは相続争いですけどね。)

別にどっちがいい悪いというわけじゃありません。
確かに、裏千家のお手前には表面的・作為的に見える危険性があり、表千家にはお客からは退屈に見える危険性があるのは否定できませんが、達人レベルになると関係ないと思います。
(自分がそのレベルに達していないので断言はできかねますが。)

むしろ、表千家のお手前でも、塵打ちや鏡柄杓など「決め」ポイントが少なからずあるので、ある程度メリハリや緩急をつけていく必要があると思います。
柳川の川下りみたいに一本調子じゃつまらないでしょう?(柳川の人ゴメンナサイ…)
でも、球磨川みたいに激しさが必要かというと、そんなことはなく。



大事なのは「自然であること」です。



                         書いた人 宮崎
[PR]
# by omotesenkesado | 2009-02-02 15:13 | お稽古メモ



茶道のことについて
by omotesenkesado
カテゴリ
全体
お稽古メモ
連絡
写真
徒然
その他
未分類
以前の記事
2010年 01月
2009年 11月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
メモ帳
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧